ダイヤフォルテ工法

ベランダの防水工事を頼むタイミング

ベランダの防水工事を頼むタイミング 住宅は経年と共に各部位が劣化していきます。
屋根や外壁、ベランダ等といった外気に面する部分の劣化は、雨漏りの原因となりますので、劣化が確認できるような状態になりますと修繕が必要となってきます。
ベランダ(バルコニー)の劣化が進みますと、雨漏りの原因となります。
よって、バルコニーを防水工事する必要があります。
防水工事をするタイミングとしましては、まず、バルコニーの床面にひび割れ(クラック)が目視できるようになった時です。
クラックが発生しますと、その隙間から雨水が入り込み、躯体内部を浸透して部屋内に漏水してきます。
よって、クラックを防ぐための防水工事が必要となってくる訳です。
また、防水材のひび割れ等による劣化が確認できた時は、バルコニーに防水材を施工する工事を行います。
防水材は材質によって寿命が様々ですので、ひび割れのような劣化が確認できたら、防水工事を行います。
そうすることで、雨水の漏水を未然に防ぐことが出来ます。

リフォームのときに防水工事を行う事例も多いです

リフォームのときに防水工事を行う事例も多いです 住宅やビルをリフォームする場合、防水工事も一緒に行うことが多くなっています。
例えばリフォームといっても壁紙を張り替える程度のものではなく、外壁塗装するような場合です。
外壁塗装する事例では、防水工事を一緒にした方が金銭的に安くなるからです。
外壁塗装する事例では、足場を設置しますが、外壁塗装と防水工事を別々に行うと、別々の機会に足場を設置しなければならず、それだけで15万円以上の費用が変わってくるのです。
また、防水の劣化具合と外壁の劣化具合が似ているという理由もあります。
どちらも10年から 15年で劣化してしまうため、同じ時期に行った方がよいのです。
同時に行うことで、近所にも迷惑をかける日数が少なくなります。
一戸建て住宅の場合ではどのぐらいの費用がかかるでしょうか。
まず外壁塗装だけの場合は塗料の種類にもよりますが60万円から80万円ぐらいかかります。
それに対して防水工事については20万円から40万円ぐらいの予算を考えておいた方がよいでしょう。

新着情報

◎2018/2/15

防水工事で使われる塗料
の情報を更新しました。

◎2017/12/15

防水工事は自分で行なえるのか
の情報を更新しました。

◎2017/8/31

工事の前に見積もりを
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

防水工事のタイミング
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

ダイヤフォルテ工法
の情報を更新しました。

「住宅 劣化」
に関連するツイート
Twitter